このページの本文へ移動

FJCT_LOGO

Japan

  1. ホーム >
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

社長近影

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社は、2017年4月に、デジタル社会の本格化と社会に求められるクラウドをつながるサービスとして提供する会社として新しくスタートしました。

当社は、1986年に富士通株式会社と日商岩井株式会社の合弁により設立されたニフティ株式会社を前身とし、これまで培った「ニフティクラウド」のノウハウや実績に加え、富士通の保有するクラウドビジネスのノウハウや顧客基盤を組み合わせる事により、お客様のクラウドファーストニーズに応えてまいります。

特に、お客様のデジタル革新を支えるデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc (注1)」が有する富士通クラウドサービス「K5(注2)」のラインナップにも加わることで、お客様のクラウド活用への対応力を強化し、富士通グループにおけるクラウド事業の中核を担う会社として誕生しました。

デジタル社会と言われる今日、ICTはビジネスや生活の隅々にまで浸透し、人やモノをつなぐネットワークは広がり続け、それを支える中核ソリューションがクラウドコンピューティングです。

当社は、2010年に本格的なパブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」の提供を開始して以降、そのクラウドコンピューティングを新たな重要な事業の柱としてまいりました。

富士通クラウドテクノロジーズは、「これからの社会に求められるクラウド」と「デジタル社会のつながるサービス」を実現し続けるために誕生した、クラウドネイティブを志向する新しい組織・会社です。その先進性を生かしたスピードと開発力で、デジタル革新の土台となるにふさわしい魅力あるクラウドサービスをお客様に提供すべく、私たち自身もグローバルに挑戦し続けます。また、当社の働く環境は、ダイバーシティとデジタル社会に相応した、社員も家族も期待する魅力的な会社を目指します。どうかご期待下さい。

2017年4月1日
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
代表取締役社長  愛川 義政

注1
FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(フジツウ デジタル ビジネス プラットフォーム メタアーク)」

注2
FUJITSU Cloud Service K5(フジツウ クラウド サービス ケイファイブ)