このページの本文へ移動

FJCT_LOGO

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 記事本文

PRESS RELEASE

2017年5月10日
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

富士通クラウドテクノロジーズ、
東日本、西日本および北米リージョンを同一ネットワークで利用できる
「ニフティクラウド インターコネクト」構想を発表
~第1弾として、同一リージョンのゾーン間をつなぐ「ゾーンコネクト」を6月7日(水)から提供開始~

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:愛川 義政)は、パブリッククラウドサービス「ニフティクラウド」にて、東西日本や北米など、物理的に離れたリージョンを同一ネットワークで利用できる「ニフティクラウド インターコネクト」構想を発表し、本構想を実現する機能を順次提供します。第1弾として、異なるサーバー環境(ゾーン)同士をプライベート接続できる機能「ゾーンコネクト」を、東日本リージョンの「east-1」にて、2017年6月7日(水)から提供開始します。今後、「ゾーンコネクト」の提供リージョンを拡大するほか、異なるリージョン間を接続する機能を提供する予定です。

<「ニフティクラウド インターコネクト」構想イメージ図>

<「ニフティクラウド インターコネクト」構想イメージ図>

「ニフティクラウド」では、サーバーを収容するラックや電源、ストレージなどが物理的に分離されている単位を「ゾーン」、地域ごとのゾーンの集合体を「リージョン」と呼んでいます。リージョンは大きく分けて東日本(「east」)、西日本(「west」)、北米(「us-east」)の3つの地域に展開しており、異なるゾーンやリージョンにシステムを分散配置することで、より耐障害性の高いシステムを構築することができます。

これまでも、インターネット経由あるいはVPNや専用線を用いて、異なるゾーンまたはリージョン間を論理的に接続可能でしたが、すべてのリージョンを同一ネットワークで利用できる「ニフティクラウド インターコネクト」により、稼働中のサーバーのリージョン間移動や、異なるリージョンを同一のセキュリティポリシーで管理するといった使い方が容易に実現可能となり、システムの信頼性を大幅に向上させることができます。

当社は、2010年に「ニフティクラウド」の提供を開始して以降、大規模オンラインゲームから企業の基幹システムに至るまで、多様な利用要件に耐えうる高品質なサービスを追求してまいりました。
今後も、クラウドならではの先進的なテクノロジーを簡単かつ安心してビジネスにご活用いただけるよう、国内外のパートナー企業とともに、デジタル革新の土台となるにふさわしい魅力あるクラウドサービスを提供していきます。

■「ゾーンコネクト」概要
○対象ゾーン : 東日本リージョン「east-1」の全ゾーン(east-11、east-12、east-13、east-14)
          ※東日本リージョンの「east-2」「east-3」は対象外。
○提供開始日 : 2017年6月7日(水)
○利用料金  : 月額 10,000円(税抜)/プライベートLAN
          ※事前にプライベートLANのご契約が必要です。利用料金が別途発生します。
○利用方法  : ゾーンコネクトに申し込みいただき、設定完了後に利用開始。

<「ゾーンコネクト」利用イメージ>

<「ゾーンコネクト」利用イメージ>


以上

●『ニフティクラウド』に関するお問い合わせ窓口
Tel:0120-22-1200 (通話料無料、平日9:00~17:45)
http://cloud.nifty.com/

※ 製品名、サービス名などは一般に各社の商標または登録商標です。
※ 特に記載がある場合を除きすべて税抜表示料金です。別途消費税がかかります(非課税、不課税を除く)。

プレスリリースに記載された価格、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。