このページの本文へ移動

FJCT_LOGO

Japan

  1. ホーム >
  2. ごあいさつ


ごあいさつ

社長近影

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社は、2017年4月、「これからのビジネスに求められるクラウド」を提供する会社として新しくスタートしました。

デジタル社会と言われる今日、ICTはビジネスや生活の隅々にまで浸透し、人やモノをつなぐネットワークは広がり続けています。そうした社会を根底で支えるソリューションが、クラウドコンピューティングです。

1986年に富士通株式会社と日商岩井株式会社の合弁により設立されたニフティ株式会社を前身とする当社は、2010年に本格的なパブリッククラウドサービス「ニフクラ(旧サービス名:ニフティクラウド)」の提供を開始して以降、クラウドコンピューティングを重要な事業の柱としてまいりました。

クラウド事業においては、仮想化ソフトウェア「VMware」を基盤としたIaaSであることの強みを最大限に発揮し、オンプレミス環境からクラウドへの移行やプライベートとパブリックを組み合わせたハイブリッドクラウドを容易に実現できる、「つながりやすさNo.1クラウド」を目指します。また、富士通株式会社のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service」においては、VMwareベースのパブリッククラウド「FUJITSU Cloud Service for VMware NC」を提供し、富士通グループとして共にお客様のデジタル変革に貢献します。
 さらに、このクラウド事業をベースに、お客様やパートナー企業の皆様と共に、データサイエンス・IoT領域のビジネス拡大に取り組んでまいります。

Originality, Agility, Quality, and Global.

我々富士通クラウドテクノロジーズは、「デジタル社会のつながるサービス」を実現するために誕生した、クラウドネイティブを志向する組織です。その独自性(Originality)と先進性を生かしたスピードと開発力(Agility)で、デジタル革新の土台となるにふさわしい品質(Quality)のクラウドサービスをお客様に提供すべく、グローバル(Global)に挑戦し続けます。

また、私たち自身が優れた技術者集団であり続けるためにも、デジタル社会に即応した働き方改革に取り組み、多様な人材がそれぞれの個性を発揮して活躍する健康的で魅力的な組織を目指します。どうぞご期待ください。

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
代表取締役社長  愛川 義政