このページの本文へ移動

FJCT_LOGO

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 記事本文


PRESS RELEASE

2018年5月31日
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

福岡県朝倉市で「気象災害予測支援システム」の実証実験を開始!
~インフラ基盤に「ニフクラ」を提供~

 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:愛川 義政、以下「富士通クラウドテクノロジーズ」)と、株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山 善司)、国立研究開発法人防災科学技術研究所(茨城県つくば市、理事長:林 春男)およびエー・シー・エス株式会社(本社:熊本県上益城郡益城町、代表取締役社長:本島 明)は、4社で構築した自治体向けの「気象災害予測支援システム」を活用し、福岡県朝倉市(市長:林 裕二)と避難支援情報早期提供の実証実験を行います。
 富士通クラウドテクノロジーズは、本システムのインフラ基盤にパブリッククラウドサービス「ニフクラ」を提供し、今後も社会に貢献するサービスを提供してまいります。

実証実験の背景および目的

 朝倉市は、2017年7月に発生した九州北部豪雨により、河川の氾濫や土砂災害等、甚大な被害を受け、多くの犠牲者を出しました。それにより、避難行動を支援するための迅速な情報提供を行うことの難しさが浮き彫りになりました。4社は、今回の実証実験を通じて朝倉市の防災力向上を図るとともに、実証実験の成果を朝倉市と同様、中小河川の氾濫や土砂災害の危険に対する課題を抱える自治体へ展開することで、全国の自治体が持つ課題解決に寄与していきたいと考えています。
 また、今回の実証実験の目的は以下のとおりです。
  ・河川氾濫および土石流災害における避難への判断支援情報提供の有効性を検証
  ・防災担当者のユーザビリティ向上
  ・復旧、復興において求められる機能の検討

実験参画のねらい

 富士通クラウドテクノロジーズは、クラウドサービスの提供を通じてパートナー企業とのビジネス共創に取り組んでいます。地図情報、防災、システム開発、インフラ基盤の各領域において強みを持つ企業が連携し、技術やノウハウを提供し合うことで安心・安全な社会の実現を支援したいと考え、本実証実験に参画します。

気象災害予測支援システムとは

 豪雨発生時における河川の氾濫や土砂災害の予測を複数の情報から分析し、避難に必要な情報を自治体へ早期に提供することで、避難指示発令を支援するシステム。

 【特長】
  ・関係各所から提供される防災情報を自動収集、一つの画面で見やすく表示
  ・河川水位および表面水量で河川および斜面の危険度を評価し、避難情報発令の判断を支援
  ・集落単位での危険情報の把握が可能
  ・6時間先までの河川水位上昇や土砂災害の危険度を予測し、避難指示等発令判断を支援

各社の役割

○株式会社ゼンリン
 ・本事業全般の管理/統括および意思決定 
 ・実証事業に係る関係機関との連絡、調整 
 ・本事業および実証事業の関係者への周知行動
 ・実証事業成果の取りまとめ
 ・災害時の場所の特定や周辺状況確認に有効な住宅地図情報の提供
○国立研究開発法人防災科学技術研究所
 ・センサーによる計測
 ・実証実験全体への助言、提言、分析、評価
○富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
 ・災害時にも予測計算を継続可能なクラウド環境の提供
○エー・シー・エス株式会社
 ・予測支援システムの開発および調整
 ・現地調査による地勢、植生、土質等の確認

気象災害予測支援システムと各社の役割図


関連リンク

 ・ゼンリン株式会社のプレスリリース

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ

 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 デジタルソリューション部
 Tel:03-6807-4507 (平日9:00~17:45)

プレスリリースに記載された価格、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。