このページの本文へ移動

FJCT_LOGO

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 記事本文

PRESS RELEASE

2019年4月10日
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

富士通クラウドテクノロジーズ、パブリッククラウド「ニフクラ」にて、
不正侵入検知サービスおよびリモートアクセスVPNを提供開始
~クラウドのセキュリティリスクに備える機能を拡充~

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:愛川 義政)は、パブリッククラウドサービス「ニフクラ」において、企業システムへの不正侵入を検知する「IDSサービス(注1)」と、クライアント環境から「ニフクラ」にVPN接続できる「リモートアクセスVPNゲートウェイ」の提供を、本日2019年4月10日(水)から開始します。

 企業におけるクラウド利用の本格化とともに、パブリッククラウドに求められるセキュリティ要件が多様化しています。また、自宅や外出先でのリモートワークが浸透しつつあるなどエンジニアの働く環境も変化しており、開発やメンテナンスといった業務においてセキュリティと利便性の両立が求められています。

 「IDSサービス」は、システムへの不正侵入をインターネット通信を監視することによって検知し、管理者に通報するサービスです。導入時のネットワーク設定変更が不要で、万が一誤検知した際でも自動での接続遮断は行わないため、提供継続性が求められるシステムの監視に適しています。
 「リモートアクセスVPNゲートウェイ」は、クライアント側の設定のみで「ニフクラ」にVPN接続できるサービスです。本サービスを経由することで、自宅や外出先などオフィス以外の場所でも「ニフクラ」環境での開発やメンテナンスを安全に行うことができます。

 今後も「ニフクラ」は国産のパブリッククラウドサービスとして、重要な情報を保持するシステムもクラウド上で安全かつ便利にご利用いただけるよう、セキュリティ機能を強化していきます。


IDSサービス

 インターネット通信回線上を流れるパケットを分析し、パターン照合により不正アクセスと思われるパケットを検出します。不正アクセスでよく用いられる手段をパターン化して記録しておき、実際に流れてくるパケットとパターンを比較することによって、正常な通信であるかどうかを判断します。ミラーリング型の監視となるため、クラウド型IDSのように通信情報を変換する必要がなく、導入に伴うネットワーク上の設定変更が不要です。また、独自の監視ルールを設定する個別カスタマイズも可能です。
 なお、本サービスの運用は「ニフクラ」のパートナー企業であるセコムトラストシステムズ株式会社(注2)が行います。

◯サービス名 IDSサービス  
◯提供開始日 2019年4月10日(水)
◯利用料金
  ・基本料金
   基本利用料金(1IDあたり) 150,000円/月(税抜)  
   監視対象料金(1IPあたり) 15,000円/月(税抜)  
  ・オプション料金
   カスタムポリシー導入作業料金(作業1回あたり) 580,000円/回(税抜)  
   カスタムポリシー利用料金(1IDあたり) 75,000円/月(税抜)  
◯申込方法 以下のURLからお申し込みください。
◯サービスページURL https://pfs.nifcloud.com/service/ids.htm
◯注意事項
・提供ゾーンはeast-11, east-12, east-13, east-14となります。
・システムメンテナンスのために、お客様へ事前通知の上サービス提供を一時的に停止することがあります。
・IDSサービスでは製品の特性上、トラフィックの増大による攻撃(例:DoS攻撃)を検知することはできません。
・IDSサービスは、ニフクラ品質保証制度(SLA)利用規約に基づく保証の対象外です。

リモートアクセスVPNゲートウェイ

 お客様のクライアント環境にソフトウェアを導入するだけで、「ニフクラ」へのアクセス経路を秘匿化し、リモートアクセスを安全に保ちます。閉域網の敷設やお客様オフィス環境への機器設置が不要なため、導入負荷が低く、迅速かつ容易にセキュリティ対策が可能です。

◯サービス名 リモートアクセスVPNゲートウェイ
◯提供開始日 2019年4月10日(水) ※17時頃を予定
◯利用料金
 ・月額プラン 9,800円/月(税抜)  
 ・従量プラン 18円/時(税抜)  
◯利用方法 「ニフクラ」のコントロールパネルからご利用いただけます。
◯サービスページURL https://pfs.nifcloud.com/service/ra_vpngw.htm
◯注意事項
・同時接続数は50クライアントまでとなります。
・サーバー証明書を設定する場合は、SSL証明書が必須となります。
・別途プライベートLANのご契約が必須となります。

注釈

注1 IDS: 「Intrusion Detection System」の略で、「不正侵入検知システム」と訳される。システムやネットワークに対する外部からの不正なアクセスを検知するための仕組み。
注2 セコムトラストシステムズ株式会社: 本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 林 慶司
セコムグループでBPO・ICT事業の中核を担い、情報セキュリティと大規模災害を核とするトータルなサービスを展開。

関連リンク

「ニフクラ」の機能・サービスを活用したセキュリティ対策

商標について

※記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ

 「ニフクラ」お問い合わせ窓口
 Tel:0120-22-1200 (通話料無料、平日9:00~17:45)
 https://pfs.nifcloud.com/inquiry/

プレスリリースに記載された価格、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。